【楽天モバイル】OPPO A73、AQUOS sense4 liteの2機種が実質1円!Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入でポイント還元キャンペーン!

SIM

SIM

LINEMO(ラインモ)はLINEのデータ通信量を気にせずご利用できるLINEギガフリーでLINEを使い倒す!

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクの回線をそのまま利用しているため、日本国内の広いエリアで安定した通信ができます。LINEのデータ通信量を気にせず利用できるLINEギガフリーで、LINEを使ったトークや通話などのデータ消費を気にせず楽しめます。
SIM

「楽天モバイル」は楽天回線エリアなら完全データ使い放題で月額3,278円!最低利用期間がなく、契約解除料も無し!

楽天モバイルとは、超有名な大手通販サイト楽天市場を運営している「楽天株式会社」が第4のキャリアとしてサービス提供しています。楽天モバイルは、楽天回線で使用する限り、高速データ通信が無制限、専用のアプリ(Rakuten Link)を使用すれば国内通話もかけ放題で利用できます。
SIM

GMOとくとくBB【ドコモSIM】は、ドコモ回線のSIMのみ契約!SIMフリー端末でもドコモキャリア回線が使える!

GMOとくとくBB「ドコモSIM」は、ドコモ回線のSIMのみ契約ができます。GMOとくとくBBから申し込めば、「キャンペーン特典」が付くので、ドコモショップ実店舗やドコモオンラインショップで申し込むよりも、おトクに利用を開始することができます。
SIM

格安SIM「mineo(マイネオ)」ドコモ、ソフトバンク、auのマルチキャリア対応で乗り換え簡単!

格安SIM「mineo(マイネオ)」はドコモ、ソフトバンク、auのマルチキャリア対応なので、どのキャリアからでも簡単に乗り換えできます。ここでは、格安SIM「mineo(マイネオ)」のメリット・デメリットについて簡単に解説します。
SIM

格安SIM「DTI SIM」手頃ね価格で1GB 600円~。DTIの光とセット割もあり月額料金がおトク!「DTI SIM」のメリット・デメリットを簡単に解説

格安SIM「DTI SIM」手頃ね価格でデーターSIM 1GB 600円~、音声通話SIM 1GB 1200円~ 。DTIの光とセット割もあり月額料金がおトク!会員限定の特典サービス「DTI Club Off」も付いてくる「DTI SIM」のメリット・デメリットを簡単に解説に解説します。
SIM

格安SIM「イオンモバイル」は全国200のイオン店舗で契約・サポート受付可能!特徴やメリット・デメリットを簡単に解説

格安SIM「イオンモバイル」は全国200のイオン店舗で契約・サポート受付可能で他の格安SIMが弱点となっている実店舗での販売・サポートを実現しています。ここでは、「イオンモバイル」の特徴やメリット・デメリットを簡単に解説します。
SIM

【格安SIM】LIBMO(リブモ)は料金プランや特徴を簡単に解説!株主優待でさらに料金が安くなる!

LIBMOとは、TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。ドコモ回線を利用しているMVNOでキャリアよりも割安な料金でスマホを利用することができ、特にTOKAIグループのサービス利用者にはおトクな格安SIMです。
SIM

【格安SIM】 IIJmio(みおふぉん)の特徴は?評判やメリット・デメリットを簡単に解説

【格安SIM】 IIJmio(みおふぉん)は日本初となるeSIMプラン「データプラン ゼロ」を提供するなど新サービスも積極的に取り入れている格安SIMサービスです。 IIJmioの特徴や評判、メリット・デメリットを簡単に解説します。