【楽天モバイル】5G対応の iPhone 13 Pro、iPhone 13 登場!毎月の負担を少なく、賢く最新のiPhoneへ、楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム!

ドメインとは?Webサイトを作るなら独自ドメインを取得しよう

ドメインホスティング
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

Webサイトを作るなら独自ドメインを取得し、有料のレンタルサーバーを借りることをおススメします。無料のもではできない自由度の高いサイトが作れます。

ドメインとは

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので、ホームページやブログといったwebサイトは、このドメイン(住所)に作られます。

分かりやすく言えばドメインは、WebサイトのURLになります。このURLを入力することによって目的のWebサイトに行くことができます。

お名前.com HPより

ドメイン名

ドメイン名には好きな名前をつけることができますが、重複するドメイン複数作ることはできません。先に同じ名前のドメインを取得されていた場合は、後から取得することができません。

つまりドメインの取得は早い者勝ちとなります。

気に入った名前のドメインを思いついたらさっさと取得しておかないと、後から取ろうと思っても先に取られてしまうということもあります。

 

ドメインの種類

ドメインには、いくつかの種類があります。上記の画像の「.com」の部分を「TLD(トップレベルドメイン」と呼び、この「TLD(トップレベルドメイン」によってドメインの種類が分けられます。

ドメインの種類には数百種類あり、特に「com」や「net」といったドメインは人気がり、取得しようと思ったら既に取られていたなんてこともあります。

トップレベルドメイン

トップレベルドメインには、gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン・分野別トップレベルドメインccTLD (国コードトップレベルドメイン)新gTLD(新ドメイン)があります。

gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン・分野別トップレベルドメイン)

ドメイン利用者の居住に制限がなく、どこの国や地域にでも取得できるドメインのことを指します。代表的な代表的なドメインには以下のような種類があります。

  • 「.com」・・・商取引事業者を表すドメイン
  • 「.net」・・・ネットワークサービスを表すドメイン
  • 「.org」・・・非営利団体を表すのドメイン
  • 「.biz」・・・ビズネスを表すドメイン
  • 「info」・・・情報サイトを表すドメイン

元々はこのような分別されていたが現在では制限なく誰でも取れるものとなっています。

ccTLD (国コードトップレベルドメイン)

国ごとに割り当てられたドメインで、基本的にはその国や地域に在住する団体や個人でないと取得できないドメインです。日本で場合は「jp」や「co.jp」などが該当します。

「jp」ドメインには、汎用jpドメインと属性JPドメインがあります。

汎用jpドメイン

  • 日本国内に住所があれば誰でも取得することができる「jp」ドメインです。

属性型JPドメイン

  • 「co.jp」・・・海外企業も含め日本国内で登記している企業、会社が登録可能です。
  • 「ne.jp」・・・日本国内のネットワークサービス提供者が登録可能です。
  • 「or.jp」・・・財団法人、社団法人、医療法人、農業協同組合などの法人が登録可能です。
  • 「ac.jp」・・・ 学校教育法などの規定による学校が登録可能です。
  • 「go.jp」・・・日本の政府機関、各省庁研究所、特殊法人、独立行政法人などが登録可能です。
新gTLD(新ドメイン)

近年では、新たに追加されているトップレベルドメインとして新gTLD(新ドメイン)が使入れています。「.tokyo」や「.email」などのように地域や用途を表した、新たなトップレベルドメインが多数追加されています。

サブドメイン

サブドメインは独自ドメインから派生しジャンル別に分割してWebサイト展開するときなどに使われます。

独自ドメイン取得には、「取得費」、「更新費」のコストが必要となりますが、サブドメインを使用すると1つのドメイン費用だけでいいので、経費を抑えて運営できるメリットがあります。

 

※このサイトサブドメインを使用しています。

このように、1つの独自ドメインでジャンルの全然違うサイト作りができます。その分管理が面倒になるのと、アクセスが分散されてしまうというデメリットがあります。

 

独自ドメインを取得しよう

独自ドメインの取得には、ドメイン会社から取得することができます。

ドメイン会社のホームページに行き、希望のドメインに空きがあるか検索し、まだ取得されていなければ取得することができます。先に登録されていたら諦めて別のドメイン名を考えましょう。

お名前.com HPより

ドメイン検索

独自ドメインを取得するには。取得費用と取得から1年ごとに更新費用が発生します。更新費用は複数年まとめて支払うことができます。

独自ドメイン取得のメリット

独自ドメインのを取得するメリットは、無料のレンタルサーバーやブログでは運営会社を変更するとURLも変わってしまいますが、独自ドメインレンタルサーバー会社を変えてもずっと同じURL(ドメイン)で運営することができます。

また、独自ドメインを利用した方が、検索エンジン(SEO)で有利となることがあります。特にSSL(暗号化通信)されていないWebサイトは検索に不利になる事は明言されています。

無料のレンタルサーバーやブログではSSL(暗号化通信)されていないところがほとんどです、独自ドメインを取得しレンタルサーバー会社でWebサイト運営すれば無料でSSL(暗号化通信)に対応したWebサイトを作ることができます。

独自ドメイン取得のデメリット

独自ドメインのデメリットは取得費用と更新費用が発生するくらいで、デメリットはほとんどありません。

複数サイト運勢したい場合でサブドメインを使用しないで、独自ドメインを増やしていくとその分コストが加算でされていくということぐらいですね。

まとめ

これからWebサイトを運営しようとするなら独自ドメインの取得をおすすめします。とはいえ独自ドメインにはそれなりにコストが掛かるので、まずは無料のレンタルサーバーやブログで連私有して三つのもいいかもしれません。

私は最初は無料ブログを半年ほどやっていました。

 

※独自ドメインを取得したらレンタルサーバーを借りましょう。

レンタルサーバーの選び方、初心者向けに7つのポイントをおさえる
レンタルーサーバーは数多くあります。どの会社がいいのか?という議論もありますが、ここでは最低限クリアしておきたいサーバースペックを7つのポイントとして解説します。

 

おすすめドメイン会社

お名前.comは、3年連続でアフィリエイターの皆さまから最も支持されました!
◆年間1円~の独自ドメイン取得◆
国内最大級の独自ドメイン取得サービス「お名前.com」
1999年のサービス開始以来、ドメイン登録実績2,000万件を突破しました。
◆ 特徴 ◆
年間1円~独自ドメインの取得が可能
580種類以上のドメインを取扱い国内最大級のドメイン登録実績
個人から中小企業、大企業まで幅広く利用。
DNSサービス・ドメイン自動更新サービスを無料提供。
24時間365日のサポートを全ユーザーに無料で提供。
サイト作成に必要なレンタルサーバーも手軽に利用可能。

◆69円/年~の格安ドメイン取得サービス◆
「ムームードメイン」は「ロリポップ!レンタルサーバー」
を運営するGMOペパボ株式会社の低価格ドメイン取得サービスです。
◆ムームードメインの特徴◆
・年間69円~の格安でドメイン取得が可能
・ムームーDNSを利用すれば、1つのドメインで複数のサービスが利用可能
・自動更新設定が可能で、ドメインの管理が楽々
・一括ドメイン取得や更新・まとめてお支払いなど複数ドメインの管理にも便利な機能
・【NEW】別途サーバーを契約しなくてもワードプレスを利用して簡単にホームページが作成できる「ムームー
ドメイン for WPホスティング」をリリース!(無料お試し期間あり)

『エックスドメイン』は格安のドメイン名取得サービスです。
.comなどの定番ドメインが年額1,180円から(税抜)取得可能で、DNSレコード編集機能やWhois情報代理公開機能など、ドメインの運用に十分な機能を標準で備えています。
■サービスの特長
・.comなどの定番ドメインが年額1,180円から(税抜)のお手ごろ価格で取得可能
・ドメイン一括取得&自動更新機能でドメインを簡単管理
・DNSレコード設定機能で、より柔軟なドメインの利用が可能
・Whois情報代理公開機能に無料対応
・通常価格より安くドメインを取得できる「フライデーセール」を毎週金曜日に実施

コメント