【楽天モバイル】ダブル突破記念キャンペーン!iPhone 13、iPhone 13 Proが最大35,000ポイント還元!

格安SIMカード(MVNO)とは?格安SIMカード(MVNO)のメリット・デメリット

ぽろ
ぽろ

こんちには、ぽろです。

月々のスマホ代を安くしたいと思ったことはあるでしょうか?

私は、以前は月6.000円くらいスマホ代を払っていましたが、

格安SIMカード(MVNO)にして、今は2.000円以内に抑えています。

格安SIMカード(MVNO)とは

格安SIMカードMVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。要するに、スマホなどの無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことです。

docomo・au・Softbankのキャリアからスマホ回線を借りて通信事業を提供している事業者のことですね。

MVNO業者が登場するまではスマートフォンはもちろんのことタブレット・ノートパソコンといった機器を外出先で使うには選択肢はあまりありませんでした。

docomo・au・Softbankなどのデータ通信プランや一部のWI-FI事業者・使うときだけデータ通信端末をレンタル事業者からレンタルするといった感じでした。

利用料金に関してもdocomo・au・Softbankのキャリアがほぼ横並びで、契約プランや割引プランも似たり寄ったりといった感じでユーザーにとって十分な選択肢があるとは言えない状況でした。

MVNOが登場以降、様々な異業種からも通信事業に参入する企業が増え、単に契約料金やデータ通信容量の競争だけでなく、自社のコンテントやポイント制度と関連付けるなどしてサービスの特色を持たせるといった展開をする企業も現れました。

ユーザーにとっても選択の余地が増えたのはよいことです。

しかし、MVNOのことをよく理解していない人もまだ沢山いるのが現状でしょう。

 

格安SIMカード(MVNO)のメリット

格安SIMカード(MVNO)の一番のメリット料金が安いということです。通話プランでも安いところは1.000円くらいで使えるものあります。

その代わりデータ通信の容量が少ないか速度制限あります。

通話プランでデータ通信が3GBくらいならほとんどのMVNO事業者で2.000円くらいで使えると思います。オプションなどを付ければその分高くなるのは、大手通信キャリアでもMVNO事業者でも同じですけどね。

データー通信のみのプランも豊富にあり、月ごとにプランを変更できたりと自分の環境に合わせて柔軟に対応できるのもメリットです。

また、大手通信キャリアのように契約の2年縛りもありません。

通話プランでは契約後、1年以内に解約すると違約金を足られる場合がありますが、それも1年たてばその後はいつ解約しても違約金はかかりません。

大手通信キャリアのような2年毎の契約というわけではありません。

 

格安SIMカード(MVNO)デメリット

格安SIMのデメリットはデータ通信速度は大手通信キャリアのように快適ではありません。

はっきり言って遅いです。

それでもネットサーフィンやメール、LINEやyoutube程度ならば問題なく使えます。

ゲームをやる場合は、速度がネックになる事もあるかもしれません。

また、混雑する時間帯には速度が極端に落ちることもあります。

初期設定やアフターサービスもあまり期待できません。

店舗のない格安SIM事業者も多く、あったとしても都心部なので、基本的にはメールや電話でのサポートとなるでしょう。

大手キャリアのように困ったときは店舗に行って相談するといことができないので、自己解決することになるのは覚悟しましょう。

大手キャリアではキャリアメールが標準で付いてきますが格安SIMではキャリアメールがないため、Gメールなどのフリーメルアドレスで代用することになります。

個人使用のスマホならLINEなどの無料通話アプリで代用するというのもありでしょう。

 

まとめ

格安SIMのメリット、デメリットを上げてみましたが実際に使った感想としては普段使いならば問題なく使えるレベルだと言えます。

ただ、スマホで動画をたくさん見たり、安定した通信が必要なゲームをするといったヘビーユーザーの人には向かないと思います。

また、困ったときは自分で解決する自信がなくサポートを受けたいという方は大手キャリアの方がいいでしょう。

 

データ利用量が1GBまではなんと無料!
楽天回線エリアはデータ使い放題でプラン料金2,980円/月(税込3,278円)!
契約初期費用なし(契約事務手数料0円)、契約解除料0円海外66の国と地域でも無料で月2GBまで使えます。
最低利用期間、契約解除料は0円でRakuten Linkアプリご利用なら、無料で国内通話かけ放題。

NUROMOBILE

nuro mobile(ニューロモバイル)では、「ドコモ」・「au」・「ソフトバンク」の3キャリア対応の格安SIMで、かけ放題オプション(月額880円)や余ったデータ容量は次月繰り越しでき、「VMプラン」「VLプラン」なら「Gigaプラス」で3か月ごとにデータ容量がプラスでもらえてとってもおトクです。

LINEのデータ通信量を気にせずご利用できる(LINEギガフリー)ので、LINE音声通話やビデオ通話を気にせず楽しめます。
・スマホプラン 20GB 2,480円/月(税込2,728円)
・ミニプラン 3GB 900円/月(税込990円)
LINEMOはソフトバンクの回線をそのまま利用できてお昼も夕方も繋がりやすく、通信速度制限にかかっても、最大1Mbpsの速度で利用することができます。

コメント